ベイザー脂肪吸引でお腹や太ももを細くする|美体型をゲットだぜ

女性

術後の変化に気をつける

お腹

脂肪吸引をしたい女性の中で行なう部分としてお腹の脂肪をなくしたいと考えているでしょう。お腹の脂肪吸引は他の部分に比べると大掛かりな施術になるのです。その理由としてお腹の脂肪吸引でも施術方法ややり方が医師によって異なっているので大きく傷跡が残ってしまう場合があります。また、脂肪を摂り過ぎると皮膚がたるんでしまうなどの施術後にトラブルが起こるのです。
そういったリスクも頭の中に入れておくことが大切でしょう。そのリスクを軽減するためにもいろいろな治療法があるので施術方法に関しても知識をつけておくことが大切です。

人によって体型が違うなどお腹の状態が異なっています。また施術方法も異なることから施術にかかる時間も40分くらい早い人も入れば、2時間や3時間もかかる人もいます。お腹まわりの施術になると脇腹から脇の下、へそ、ビキニライン、腰、背中などから脂肪吸引を行なうようになります。どこから脂肪吸引を行なうのかによって脂肪が取れる量が決まりますし、傷跡が目立たない場所などがあります。傷跡が目立たないようにするのであれば、へその穴やビキニラインから行なうといいでしょう。

お腹の脂肪吸引をしたあとには、内出血や腫れが起こってしまいます。それらを最小限にするためや仕上がりを綺麗にするためにコルセットやウエストニッパーなどを装着することがあります。施術後は美容整形クリニックによって入院することもありますし、すぐに帰られる場合もあります。しかし、お腹まわりの脂肪吸引になると他の部分よりもダウンタイムが長くなるので安静が必要です。